打吹天女の里から  ~打吹おやじの戯言~

utubuki.exblog.jp
ブログトップ

ポンずLIVE

12/20に素敵なLIVEがありました。
ぽんズさんのLIVEです。
私の所属するKohmei-BandのLIVEでもコーラス隊として参加している女性デュオです。
中島みゆきの「ホームにて」、イルカの「サラダの国から来た娘」など、
30年ほど前の若かりし頃の甘酸っぱい思い出に浸りながら、
心に沁みるハーモニーを聴いていましたよ。

家に帰って、確かイルカのLPがあったな?と思って物置を探したところ
↓出てきましたよ。「ちいさな空」とLIVE盤「あしたの君へ」です。
f0011412_17113216.jpg

↓スコア譜もありました。 隣はヤング・ギターの74年ものです。
f0011412_17115063.jpg

ヤング・ギターの表紙はかぐや姫です。若いですね!
拓郎の新譜「今はまだ人生を語らず」の全曲ギター譜が載ってました。
デビューしたばかりの荒井由美と中山ラビの対談とか、思わず見入ってしまいましたよ。

忘れかけていた思い出のレコードも出てきました。
↓倉橋ルイ子のLPです。
f0011412_17373425.jpg

倉橋ルイ子はあまりメジャーではなかったのですが、鮮明な思い出があります。
私が鳥取県に来てすぐの頃、暇つぶしに鳥取市に遊びに行った時に、
デパート(だったかな?)のイベントで、聞いた事の無い歌手の営業がありました。
屋上の仮設ステージで雨の中でのコンサートで、客は私を含めて4~5人でした。
歌っていたのは倉橋ルイ子です。
歌は暗いしMCも暗い、外は雨だし気分は滅入る一方でしたが、
当時の暗かった私の心?に妙にシンクロして、なんとなく最後まで聴いていましたよ。
終わりの方で、彼女が歌った歌「LOVE is OVER」を聴いた時に、
電気に打たれたようなショックを受けました。

後に 欧陽菲菲 が歌って大ヒットした曲ですが、最初に世に出したのは彼女です。
欧陽菲菲が失恋を乗り越えた女の気持ちを強く高らかに歌っているのに対して、
倉橋ルイ子のそれは、乗り越えられない女の悲しさを歌っているのですよ。
もうドロドロズルズル引きずったまんまで、涙無しでは聴けない歌でした。
「俺が悪かった・・ごめんね」って気持ちになりましたよ。
で、デパートの営業で思わずLP2枚買いましたもの。
サインまで貰いましたよ。

残念ながら肝心な「LOVE is OVER」の入っているLPは、
友人に貸したままになっていて、家には無かったのですが、
もう一回聴きたくなったんで、返してもらおうと思います。

でも、彼はまだ持っているかな?
だって貸したのは20年以上前だから・・・

ほんじゃ!
[PR]
by 790516 | 2008-12-21 17:58 | 音楽

鳥取県中部からの情報発信 (極個人的な趣味から地域、観光名所の紹介など)


by 790516