打吹天女の里から  ~打吹おやじの戯言~

utubuki.exblog.jp
ブログトップ

粉の在庫一掃作戦(うどん編)

先日の自衛隊美保基地の航空際で、こんな饅頭を買いました。
↓自衛隊公認?饅頭「撃GEKI」です。
f0011412_21261112.jpg

パッケージが「いかにも!」でしょ。(笑!
饅頭の包紙も「戦車」「戦艦」「戦闘機」ですもん。
でも、味は「撃」じゃなく、普通に美味しかったです。

さて、今回の粉在庫一掃作戦は「うどん」です。
↓うどん粉は昨年秋に購入したもので、約3kg残っておりました。
f0011412_21262872.jpg

↓今回は1kg打ちました。子供たちによる「水回し」です。
f0011412_21265343.jpg

粉1kgに対し、水430gに塩50g加えて、一気にドバっと加水して、
後は子供任せにしました。
↓纏めてしばらく寝かせた後、子供たちが交代で足踏みです。
f0011412_2127980.jpg

一晩寝かせた後、「練り」「延し」です。
↓麺棒に巻きつけて、麺台に力を込めて押し付けて延しましたが、
f0011412_21272765.jpg

↓ここまで延すのがやっとです。
f0011412_21274259.jpg

↓畳んで切ったところです。麺帯を半分に分け、各々、細目と太目に切りました。
f0011412_2129710.jpg

包丁は、合羽橋の「鍔屋」で買ったモリブデン鋼のものです。
ソバ用には安来鋼黒打ち包丁を使用していますが、
以前、これでうどん切りしたときに、塩分で錆びました・・・・
で、東京に出張した際に、モリブデン鋼のものを買ってきましたよ。

↓太目に切った方は、季節外れの「うどんすき」にしました。
f0011412_21293467.jpg

「細目」の方は「ざるうどん」で頂きました。

「うどん打ち」の工程は、「そば打ち」のそれと殆ど同じです。
でも似て非なるもので、同じ「麺打ち」であっても、精神面では大きく異なります。
「そば打ち」は、とにかく水回しに気を使い、そして茹で上げるまで気が抜けません。
それに比べて、「うどん打ち」は、殆ど気を使わなくっていいですね。
水回しなんて、材料を一気に加えて、菜箸で掻き回し、後は子供任せでいいですもん。

「そば打ち」も子供と一緒にしたこともありますが、水回しなんて、とてもじゃないが
子供には任せていられません。

家族でのんびりと楽しむには「うどん打ち」の方がいいかも?

ほんじゃ!
[PR]
by 790516 | 2007-06-02 21:37 | 麺打ち

鳥取県中部からの情報発信 (極個人的な趣味から地域、観光名所の紹介など)


by 790516