打吹天女の里から  ~打吹おやじの戯言~

utubuki.exblog.jp
ブログトップ

流木でアーチを作ろう!(その2)

早いもので4月も後半、来週からはGWですよ。
↓「打吹おやじ」家の庭は、今、リンゴ「富士」が満開です。
f0011412_2114466.jpg

リンゴは花が奇麗で、実も美味しい理想的な木ですね (手入れも大変ですが)
秋の収穫が楽しみだな~

さて、先週、海岸で拾ってきた流木ですが、
洗浄後、天日に干して十分に乾きましたので、いよいよアーチの作製です。

↓まずは、防虫・防腐剤入りのオイルステイン「ガードラック」塗りです。
f0011412_212730.jpg

本当は「キシラデコール」を塗る予定が、近所のHCで4L缶が1万円以上してました。
「高~」、安売りのときは8000円位だったと記憶していますが・・・
ちょっとね~、と言うことで選んだのが「ガードラック」
大して変らんし、流木だし、これでいいかと
↓しっかりと2度塗りしましたよ。
f0011412_2122836.jpg

半日くらい乾燥させて、いよいよラティスフェンス上に組み込みます。
流木の太さは最大で100mm位ありましたので、ステンレスのコースレッド120mm
を買ってきて、インパクトドライバーでラティスポールに打ち込んだのですが、
流木とは言え、広葉樹系の年輪の詰まった木には、ネジが噛んで入って行きません。
急遽、一番細くて一番長い先割れのコースレッドを買ってきて、
インパクトドライバーで力任せに打ちこんで、やっと固定できました。
↓完成したところです。流木ならではの自然な風合いが出ていませんか?
f0011412_2125350.jpg

早速、クレマチスの蔓を誘導しました。
↓クレマチス「ジャックマニー」の花芽です。GW頃に開花かな?
f0011412_2131037.jpg

流木って同じ形は2本と無く、正に自然が作り上げた「芸術品」だと思います。
最初はどこかの川縁で青々と育っていたんでしょうな~
ある日、台風等で倒され、川に落ち、海まで流され、海上を彷徨って、
どこかに打ち上がっては、また、波で運ばれて・・・・

どれ位の時間を経て、どんなドラマを経験してここまで来たんでしょうね
流木DIYって、作る楽しみに加えてロマンを感じるな
また、趣味が増えそうです。(っていうか、増えました。)

「流木アーチストに俺はなる!」

ほんじゃ!
[PR]
by 790516 | 2007-04-21 21:14 | DIY

鳥取県中部からの情報発信 (極個人的な趣味から地域、観光名所の紹介など)


by 790516