打吹天女の里から  ~打吹おやじの戯言~

utubuki.exblog.jp
ブログトップ

ガンバラナイけどいいでしょう

11/23「KohmeiBand リサイタル 2009」の報告です。
会場のホテルセントパレスは、用意していた席は全て埋まって、
立ち見が出るほどの盛況でした。
連休最終日の夜でしたが、沢山のお客さんに来場して頂いてホント感謝しております。

リサイタルはSound&Pillowさんとのジョイントでした。
↓ミスチルやBankBandコピーの若手バンドです。 第1部を盛り上げてくれましたよ。
f0011412_21121588.jpg

結成して1年足らずの若手バンドですが、勢いがあっていいですね
それに、うちの単独LIVEじゃ見たこともない若いギャル(死語?)もチラホラと見えて、
ステージする側も恥ずかしいやら嬉しいやら!
(嬉しい方が大きい?)

KohmeiBnadの出番の前に
リーダーと「シェリー2」さんによりアンプラグドコーナーがありました。
↓この3人、中学校時代の同級生だったらしく、3人足して150歳です。
f0011412_21123326.jpg

半世紀を生きたトリオは、生ギターと美しいハーモニーを聴かせてくれました。
「あの素晴らしい愛をもう一度」は、故)加藤和彦さんへ捧ぐトリビュートソングでしたよ。

↓KohmeiBandのステージングです。
f0011412_21125332.jpg

↓「ポンず」さん+「シェリー2」さんによる鳥肌が立つほどの豪華な混声コーラス隊
f0011412_21132117.jpg

今回のLIVEは緊張よりも楽しさの方が大きかったな~
いつもは自分の演奏が精一杯で、他のパートと一体感を感じることは少ないのですが、
昨夜はリードギターと妙にシンクロしているなと本番中に感じ取れて、
「何か音楽してるじゃん!俺達って!」みたいなことを体感できたLIVEでしたよ。

これは、ひとつは選曲が良かったんじゃないかと思います。
リーダーは熱狂的な拓郎ファンでして、
体調不良のため今年の全国ツアーを断念した拓郎になり代わって、
(・・・てな訳ではないんでしょうが)
今回は拓郎の新譜から何曲か選曲したんですよ。

その中で「ガンバラナイけどいいでしょう」という曲を最後に演奏したんですが、
この詩がね、なんか今の自分の心境にぴったりなんですよ。

いや、この曲だけでなく、最近の拓郎の曲は本人の病気のせいもあるんでしょうけど、
「肩の力を抜けよ!」
「マイペースで生きて行きなよ!」
「結局、なるようにしかならんからさ!」
等々、中年真っ只中で最近クタビレ気味の我々の世代に響いてくるんですね
演奏している曲に感情移入できたのも、
LIVEを楽しめた要因の一つだったんじゃないかと思います。

♪ がんばらないけどいいでしょう
♪ 私なりってことでいいでしょう
♪ がんばらなくてもいいでしょう
♪ 私なりのペースでいいでしょう

このサビの部分、今年の自分のテーマとします。

ほんじゃ!
[PR]
by 790516 | 2009-11-24 21:17 | 音楽

鳥取県中部からの情報発信 (極個人的な趣味から地域、観光名所の紹介など)


by 790516