打吹天女の里から  ~打吹おやじの戯言~

utubuki.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

シンセのメンテ

私はキーボード弾きです。
愛機はKORGのSG-ProXとTrinity-V3で、ともに90年代当初のモデルです。
ビンテージを名乗るほど古くはないですが、当時は一斉風靡していましたし、
今でも通用するキーボードだと思っています。

とにかく音が好き。
アンサンブルの中に埋もれることもなく、それでいて邪魔にならない音色で
Kohmei-Bandには無くてはならない存在です・・・が?

流石に寄る年波には勝てず、
本番中に片Chの音が急に小さくなったり出なくなったりのトラブルが多発して、
KORGでもメンテ対象外マシンですし、一昨年はDIYで電解コンデンサ交換しました。
でも、その後も症状は改善されず、
これで直らなかったら粗大ゴミだなと思いつつ、
今回はオペアンプ交換に挑戦してみることにしました。

先ず、使用しているオペアンプを調べて見ました。
SG-ProXもTrinityも同世代のマシンで同じオペアンプを使用しており、
ラインアウト系はNECのuPC4570HA、ヘッドフォン出力系は三菱のM5216Lでした。

通常、オペアンプはチップの両側にカニのようにピンが出てるDIP型が主流ですけど、
これらはシングルラインと言われるSIP型、しかもuPC4570HAは9ピンですよ。
ネット通販で探しても、どこにも売ってないです。

「こりゃ、困ったな~ いよいよ、粗大ゴミ確定かな~」
とあきらめていましたが、ネットは便利ですね、
色々とオペアンプに関するHPを廻っていたら、
どうやらuPC2570は4558タイプの低ノイズ版だと、
M5216は4580タイプと互換性ありとの情報を見つけ、
先日の東京出張のついでに秋葉原を回ってきました。

流石の秋葉原でもSIPで9ピンのオペアンプなんて無かったです。
千石~秋月などの大手パーツ屋には無い。ラジオセンター内にも無い。 
色々と回って見て、鈴商さんでやっと見つけたのがJRC4559Sです。 
やっと見つけた9ピンSIPのオペアンプ、1個50円。
もし合わなかったときにすぐ交換できるようにICソケットも買いましたが、
ソケットの方が高いって・・。

早速、交換です。
↓SG-proXは基盤はシンプルです。 中央の黒く細長いものがオペアンプ
f0011412_11411829.jpg

↓今回交換したものは左下(左上は4558L)、右側は外したuPC4570
f0011412_11415667.jpg

↓ICソケットを入れて、オペアンプが簡単に交換できるようにしました。
f0011412_11422633.jpg

↓こちらはTrinity、真ん中が交換したオペアンプ。
f0011412_11425283.jpg

交換後、ドキドキしながらスイッチオン
音がちゃんと出て、一安心です。

音色は変わりましたよ。
抜けがいいと言うか、高域まですっと出てる感じで
SG-ProXのアコピなんて、アップライトの生ピのような感じがします。
エレピもコロコロと綺麗な音がします。
Trinityも輪郭がはっきりした「綺麗」な音に変わりました。

でも、不満、
何か物足りないな~
確かにHiFiなサウンドにはなったけど、
Korgらしい「下品」な音じゃなくなったような
一人で弾いている分にはいいけど、バンドのアンサンブルの中じゃどうかな?
内臓エフェクターの設定も変えなきゃならんかな?
エージングすれば少し変わるかな?

色々と悩み尽きない、シンセのオペアンプ交換でした。

ほんじゃ!
[PR]
by 790516 | 2011-05-29 11:52 | 音楽

削ろう会

世の中には色々とマニアな人がいますが、
ミクロの世界を削り出すことを生きがいとしてる人もいるなんて・・

昨日、倉吉未来中心で「集めて届ける 削ろう会」のイベントがありました。
私のDIYの師匠である「鉋&砥石」さんに誘われて行って来ました。

東日本大震災の支援活動の一環として、被災された職人さんに大工道具を届けて
早期に仕事を復帰してもらおうと、手道具、電気道具を集めて送ろうと言う趣旨の
イベントでした。

また、職人さんによる薄削り実演や鉋削り体験、鉋屑で造花を製作体験する
コーナーもありました。

職人さんらしい支援活動で、とてもほのぼのとしていて好感がもてましたよ。

↓薄さ数十ミクロンの世界です。 職人さんの言葉を借りれば「細胞を剥がす」だそうです。
f0011412_19555435.jpg

↓今じゃ絶滅寸前の器具「槍鉋」による削り実演です。
f0011412_19561431.jpg

↓鉋刃の研ぎの実演、心を込めて研いでいました。
f0011412_19563883.jpg

職人さんにとって道具は命ですね、いかに道具を大切にしているのか
このイベントから伝わってきましたよ。

それにしても、「研ぎ」を極める人、「削り」を極める人、
私も多少は趣味の世界に足を置いておりますが、こちらの世界も奥が深そうだな

ほんじゃ!
[PR]
by 790516 | 2011-05-23 19:58 | 地域

天然杉テーブルのメンテ

昨年DIYした天然杉のテーブルですが、家に設置して1年経過しました。
四季を経験してきて、天板が少し反ってきたのと、
年輪が少し浮いてきてデコボコしてきましてきましたので、
「鉋&砥石」さんのお宅に運んで鉋掛けしてきました。
↓すっかり綺麗になって、つるつるの素肌になった天板です。
f0011412_21333476.jpg

↓鉋掛けの後、180番ペーパーを全体に掛けました。
f0011412_21335840.jpg

↓リボスオイル「メルドス」でオイル仕上げしました。 
f0011412_21342257.jpg

↓脚に乗せました。割れ埋めにしている「木の葉」契りが雨に濡れたようで素敵です。
f0011412_21344420.jpg

オイル仕上げ後の木の肌の手触りはいいですよ。
スベスベしていて、いつまでも触っていたい・・って変態?

ほんじゃ!
[PR]
by 790516 | 2011-05-18 21:38 | DIY

ナラ枯れ対策

5/14 ナラ枯れの被害予防対策を讃郷愛林協会で実施してきました。
場所は三朝町小鹿の谷の山林です。

鳥取県では東部が特に大きな被害を受けていて、
安蔵の森などはナラ枯れの木が多数あるそうです。
今、中部まで広がってきて三朝町の三徳山まで被害が広がっているようです。
大山付近でも羽田井辺りで被害が確認されたそうで、
被害を食い止める早急な対策が求められています。
三朝の小鹿の谷は、寸前までナラ枯れが広がってきていますので、
水際で食い止める被害予防対策として、健全木にビニールを巻く作業を実施しました。

最初に県の担当者よりナラ枯れや対策について講習を受けました。
ナラ枯れはカビの仲間である糸状菌によって発祥しますが、
この病原菌はカシノナガキクイムシが媒体となって健全木に運ばれます。
被害木はミズナラ、コナラ、シイ、アラカシなどのドングリの木です。
被害防止対策としては、カシノナガキクイムシの進入を阻止するために、
木の根元から1.5mあたりまでビニールを巻くことが有効らしいです。
↓先ず、大人の背丈以上の高さまでラップを巻きました。
f0011412_21401740.jpg

↓根本付近は透明マルチで補強しました。
f0011412_21404695.jpg

↓今回は尾根筋に沿って、コナラの木10本ほどにビニール巻きしました。
f0011412_21411132.jpg

昔は里山の雑木は定期的に伐採されて炭や薪、シイタケの原木等に使われてきました。
コナラやクヌギは伐採された後でも切り株からヒコバエが萌芽して、
繰り返しの伐採に耐えるので、若木をどんどん切って使ってましたが
今では使われることも無く巨木、老木になって、ナラ枯れの被害に合っているそうです。

県の担当者が語っていました。
「里山の資源は使うことが大切、若い林は病気で枯れません」

里山の林を守るには自然の状態で放置するのではなく、
里山の資源を使うことが重要だと思います。

ほんじゃ!
[PR]
by 790516 | 2011-05-15 21:54 | 薪ストーブ

プラムが結実した!

鳥取は昨日まで大雨でした。
とにかく1日中降ってましたもの、梅雨の末期みたいでしたよ。

で、長雨も上がって、今日は久しぶりに朝から日差しが降り注ぎました。
朝、庭を見たら、ハナミズキの花がすっかり雨で落とされていて、
↓ピンクの絨毯みたいで、雑草まみれの庭が華やかになっていました。
f0011412_21451194.jpg

先日、ユスラウメの花粉で人工授粉してみたプラムですが、
↓5個ぐらい結実していました。
f0011412_21481242.jpg

この木が結実したのは初めてです。 
早く収穫したいな!

ほんじゃ!
[PR]
by 790516 | 2011-05-13 21:49 | ガーデニング

薪割り&薪積み

GW最後の土日は薪割りとガーデニングに励みました。
ガーデニングといっても、庭の草取りなんですけどね・・
とにかく雑草が生い茂り、野生の王国状態になっていましたので大変でしたよ。

薪割りしたのはGW前に大量に確保したナラの木と、
廃果樹園より伐採依頼された梨の木です。

斧で薪割りするのも楽しいですけど、何せ大量でしたので薪割機による作業です。
昨年、共同購入したエンジン式薪割機は強力ですが、
一抱え以上もある大物は割るのに苦労しました。
それでも流石に機械ですね、1日仕事でパレット2杯分の薪を生産してくれました。
↓パレットの上に約1.5m積んで、これが2杯、一冬分には少し少ないかな?
f0011412_1840860.jpg

土台としたのは樹脂製のパレットで、「とある筋」より頂いたものです。
「とある筋」って言葉は便利ですね、
出所を余り大っぴらにしたくないときに使う言葉なんでしょうけど、
私の場合は 近くの通りにある(とある筋?)お店という意味で使いました。
使い方が間違っていますか?

ほんじゃ!
[PR]
by 790516 | 2011-05-10 18:41 | 薪ストーブ

鹿児島でゲットしたもの

今回の帰省は親父の見舞い以外に目的もありました。
黒ヂョカを買うことです。
黒ヂョカとは焼酎用の酒器で、水で割った焼酎を囲炉裏で燗をつけるための陶器です。
鹿児島県人なら存在は知っていますが、意外と使っている人は少ないんじゃないかな?
焼酎のお湯割なんて、ポットのお湯で割れば済みますから、
わざわざ水割りにして燗にしなくてもね・・
でも、その一手間で味がまろやかになるらしいですよ。
また、その手間がやりたい年になったのかな? 

弟家族に案内されて加治木の龍門司焼の窯元に行きました。
↓とてもすてきな黒薩摩の黒ヂョカを買いました。 
f0011412_21403452.jpg

また、サプライズもありました。
叔母に龍門司焼の黒ヂョカが欲しいと話したら、
昭和50年頃に貰った龍門司焼の酒器があるけど、使わんからやるって
それがなんと、この黒ヂョカとお揃いのデザインで、
↓思わず黒薩摩酒器3点セットがゲットできました。
f0011412_21405652.jpg

嫁は嫁で、こさん竹の筍狩りに夢中でしたよ。
こさん竹って、九州じゃ当たり前に藪に生えていましたけど、鳥取じゃ見ないな、
これ美味しいです。
↓湯がいて刺身にしたら最高ですよ。
f0011412_21474012.jpg

渋滞の中、強行軍の帰省でしたけど、いい思い出になりましたよ。

ほんじゃ!
[PR]
by 790516 | 2011-05-08 21:51 | 生活
GWの真っ最中、5/3-5に鹿児島に帰省してきました。
親父が入院したとのことで、様子見も兼ねての帰省です。

5/3は博多どんたく初日だし、
九州縦貫道の渋滞は50kmなんて予測されていたし、
一番、移動してはならない日でしたけど、
午前中に福岡抜ければ何とかなるかと甘く考えて、午前4時に倉吉を出発しました。

九州に入るまでは順調でした。
9時頃に北九州到着、小倉辺りから少しずつ渋滞が始まり、
後は、福岡~大宰府~鳥栖JC~久留米~広川・・断続的な広域渋滞、
とにかく、ずーーーーと渋滞で、福岡通過に4時間かかりました。
これだけ渋滞されると、急ぐ気持ちも無くなって、かえって清々しい感じでしたよ。

↓久しぶりの鹿児島は、いきなり桜島の噴火で灰まみれ 「お帰り!」ってか?
f0011412_711342.jpg

特に観光も予定してなったのですけど、弟家族と姶良周辺を散策しました。
↓蒲生の大楠は1500歳ですよ。 少々のことは気にすんなと語りかけているようで、
f0011412_7115052.jpg

↓ベッコウトンボ生息地で有名な藺牟田池では白鳥と戯れて、
f0011412_7121656.jpg

↓鹿児島市のララポートで足湯に浸かって観光おしまい。
f0011412_7123915.jpg

ほんと、トンボ帰りでゆっくりもできなかったけど、
親父も元気そうだったし、それに念願だった黒薩摩の「黒ぢょか」買えたし、
嫁は珍しい竹の子を取ってきて楽しそうだったしで、
2泊3日の短い期間でしたけど、充実のプチ旅行でした。
帰りの5/5は、渋滞も無く、すんなり帰ってこれたしね。

ほんじゃ!
[PR]
by 790516 | 2011-05-07 07:20 | 旅行

鳥取県中部からの情報発信 (極個人的な趣味から地域、観光名所の紹介など)


by 790516