打吹天女の里から  ~打吹おやじの戯言~

utubuki.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:グルメ( 30 )

北海道のホタテ

鳥取県も昨日から雪です。
先ほど帰ってきたら道路も凍結していましたし、
このまま行けば、White Xmasになりそうですよ。

今日、会社から帰ったら、北海道の友人から素敵な贈り物が届いておりました。
↓こんな立派なホタテです。
f0011412_2152792.jpg

↓早速、薪ストーブに乗せて焼きました。 いやー絶品
f0011412_2153962.jpg

↓貝柱をハーブ&バターで・・これも旨かった。
f0011412_2155540.jpg

ホントに北の海の幸は旨いです。
お返しにこちらの名産物でも贈りたいんですけど、
鳥取県って、今時分贈りたいものが無いんだよね
松葉カニって言ってもね・・相手は北海道ですもん

本当に悩みます。
何を贈ろうか?

ほんじゃ!
[PR]
by 790516 | 2009-12-17 21:06 | グルメ

出張の楽しみ

月2~3回は東京へ出張しますが、昼食に何を食べるかは結構悩みます。
大半は社食で昼食を取りますが、
たまには、神田~上野界隈の有名どころソバ屋に出向きます。
辛汁の味を覚えるためでもありますが、連れに自慢げに薀蓄を語りたいのも目的です。
「辛汁にはソバをどっぷり浸けちゃだめよ!ソバの先をちょんちょんだよ」とかね。
本当は、辛汁にはどっぷり浸けたいんですよ。
冷麦みたいにね、
でも、有名店じゃそれはできないし、高いし、それに量も少ないしで、
薀蓄語る連れがいないと行かないです。

一人の時は、もっぱらネットで検索した「B級グルメ店」に行きます。
↓その中の一つ、浅草の「翁そば」です。
f0011412_10342516.jpg

ここは、よく行く合羽橋道具横丁からも近いため、
合羽橋散策~翁そばというコースで利用します。
先週、出張がありまして、少し時間があったので久しぶりにこのコースを歩いてみました。
↓ソバ猪口のディスプレイが美しい瀬戸物屋
f0011412_10343881.jpg

↓「やぶきた」さんは、斜め前に移転したんですね。
f0011412_10345343.jpg

「翁そば」のソバは東京には珍しい太麺です。
安心して、辛汁にどっぷり浸けられます。
安いです。量も沢山あります。
↓ここの「カレー南蛮ソバ」が一番のお気に入りです。
f0011412_10351082.jpg

とろりとした辛目のカレー出汁に太ソバが絡み合って、とても美味しいです。
たまに、どうしても食べたくなって、夏でも注文してしまいます。

緊張する会議等で気の抜けない出張も多い中、
安くて美味しい店と出会うのは、ささやかな楽しみですよ。

ほんじゃ!
[PR]
by 790516 | 2009-06-21 10:43 | グルメ

自家製オイルサーディン

GWスタートです!
↓琴浦町杉下橋の鯉のぼりです。親族一同?気持ちよさげに泳いでました。
f0011412_222885.jpg

今年のGWは、うまく休暇と組み合わせれば、怒涛の15連休ですけど、
我家は子供がGW中ずっ~と部活だし、泊り込みでの家族旅行なんて行けません。
でも、ETC割引を使って、四国にでも日帰りで旅行しようかな?

昨日はGWの谷間で、子供達も普通に学校でしたが、
久しぶりに嫁と休暇を合わせて釣りに行ってきました。
新聞読みますと、鳥取港~船磯港にかけて、鯵の20~30cm級が釣れてるとのことで、
↓鳥取港新埠頭まで行ってきましたが・・・
f0011412_22282667.jpg

平日とは言え、すごい釣人で、魚の数より多いんじゃないか?と思える程でした。
それに誰も釣れてないし、「新聞の嘘つき!」って毒づきながら船磯に向かいました。
もっとも現地に着いたのは、午前10時過ぎでしたので、釣れる訳ないじゃん!って
言われればそれまでですけどね!

船磯港も鯵は釣れませんでした。
でも、体長10cmくらいの鰯が回遊していて、鯵の仕掛けでも爆釣でした。
↓数よりも目方の方が分かり易いかな? 数gの小鰯が5kg程釣れました
f0011412_22305797.jpg

この小鰯は新鮮ですので刺身で食べてももちろん美味しかったのですが、
今回、思いついて、半分くらいオイルサーディンにしてみました。
↓まず、手で鱗と頭と内臓を取ります。指の長さくらいのサイズで、丁度いいです。
f0011412_22314157.jpg

↓10%の塩水に2時間程度漬けます。
f0011412_22325060.jpg

塩水漬け終了後、ペーパタオルで水気を十分にふき取って、
なべに敷き入れて、オリーブオイルとサラダオイルをヒタヒタにれて、
香り付けに、ニンニクと鷹の爪に黒胡椒、
↓あとバジルやローレル、ローズマリーなど在庫のハーブ類を投入して火にかけます。
f0011412_22334476.jpg

ごく弱火で約1時間、1匹試食してみて骨まで柔らかくなったら加熱終了です。
↓煮沸消毒したガラス容器に入れて冷蔵して、オイルサーディン3kg出来上がりです。
f0011412_22342559.jpg

1週間位寝かせたら完成なのでしょうか、今日、待ちきれずに試食してみました。
↓丁度、同僚の女性から筍の煮付けを頂きましたので、一緒に酒の肴にしてみました。
f0011412_2235878.jpg

うん、絶品!
魚臭さはまったくなく、新鮮な鰯とハーブオイルのマッチングが絶妙でした。
パスタにあえてもいいし、サンドイッチの具でも良さそうですが、
そのまま、酒の肴にするのが一番旨いかも?

リクパパにお裾分けして、是非、感想聞いてみたいな!

ほんじゃ!
[PR]
by 790516 | 2009-05-01 22:49 | グルメ

モンブランに挑戦

先週、同僚の女性に大量の栗を頂きました。
先日に続き2回目です。
「栗ご飯だけじゃつまらんけぇ、お菓子でも作っちゃら~か?」と宣言したものの、
肝心の栗を会社に忘れてきました・・・┗┃ ̄□ ̄;┃┓
何か作って持って行かんと何を言われるか・・・
んで、どっかに栗がないかと聞いたところ、近所の方に栗を拾えるところを教えて頂いて、
しかも、案内までして頂いて大量の栗を拾いましたよ。

栗のお菓子と言ったら、「モンブラン」でしょ!
挑戦してみましたよ。

↓先ずは栗むきです。包丁で渋皮むくのは面倒くさいです。
f0011412_18443294.jpg

↓ひたひたの牛乳と水で約10分位煮て
f0011412_18445395.jpg

↓軟らかくなっら、熱々のうちに裏ごしします。
f0011412_18453737.jpg

出来上がったマロンパウダーに砂糖とマーガリン加えてとろ火に掛ければ
↓マロンクリーム完成です。 ま、「栗きんとん」ですね
f0011412_18463148.jpg

隠し味にラム酒代わりにサクランボを漬け込んだブランデーを加えてみました。
いい香りですよ。

↓ロールケーキの生地を焼いて、マロンパウダーを加えたクリームをたっぷり延ばします。
f0011412_1847833.jpg

↓ロールケーキにして、マロンクリームを絞っていたところ、袋が破れて、さー大変!
f0011412_18483471.jpg

↓袋と口金を換えて絞りなおして完成です。 ぱっと見、蕎麦が乗っているように見えます。
f0011412_18485746.jpg

ちょっとマロンクリームが蕎麦状になってるし、ロールケーキの形が崩れているしで、
売り物にはなりませんが、味は星2つ半くらいでしたよ。
パティシェになるのも悪くないかな?

ん?思い出した。
会社には、忘れて帰った栗が大量にあるな・・
栗ご飯もモンブランも作ったし・・
甘露煮にして正月のお節用にするか?

ほんじゃ!
[PR]
by 790516 | 2008-10-05 18:55 | グルメ
今日は長男の通う中学校の運動会でした。
朝から時折雨の降る中、いくつか端折って何とか最後までやり遂げましたよ。
↓一番印象深かったのは、3年生の競技で「タイヤを取りタイヤ」でした。
f0011412_20381039.jpg

ルールは単純で、両端に分かれたチームの真ん中に複数のタイヤを置き、
自陣に引き込んだ数で勝敗が決まるものです。
タイヤを奪い合う女の子の迫力を見ていたら、こんなに可愛いのに
将来はバーゲンで競い合う主婦の片鱗が見えて、末恐ろしいものがありました。

先週、会社の同僚の女性から珍しいものを頂きました。
↓ソーメンカボチャ(白)と坊ちゃんカボチャ(手前)です。
f0011412_20474852.jpg

↓ソーメンカボチャは輪切りにして数分茹でると・・
f0011412_2048739.jpg

↓ソーメンみたいな繊維にほぐれてきます。
f0011412_20392948.jpg

↓水でさらして麺ツユかけて食べてみました。
f0011412_20395626.jpg

無味無臭でしゃきしゃきと歯ごたえがあり、これはこれで有りですよ。
でも、味が淡白なだけに、何か応用できないかなと思って、
↓我家の畑で収穫した夏野菜と一緒に炒めてみました。
f0011412_20402220.jpg

↓ひき肉と甘長、紫ししとう、ゴーヤにオクラ、一緒に炒めます。
f0011412_20404659.jpg

↓味の決め手はナンプラーです。東南アジア風焼きソバができました。
f0011412_20412569.jpg


坊ちゃんカボチャは、チンして中をくり抜いてグラタンにしてみました。、
↓変わりカボチャをメインにした今夜のメニューです。
f0011412_2042172.jpg


両方とも美味かったですよ。
家族にも好評でした。

これから秋本番を迎えますね
打吹おやじ一家の「秋」と言ったら、当然「食欲の秋」です。
来週はアオリイカでも釣りにいくかな?

ほんじゃ!
[PR]
by 790516 | 2008-09-07 20:58 | グルメ
9月になりました。
季節ネタをイントロに書こうと思ったのですが、
いきなり総理大臣辞任で、こりゃ何かコメントでも書かなきゃと、
でも、何もこれといって思い浮かばないのですよ・・・
影の薄い首相でしたものね。
しかも最後の台詞が「あなたとは違うんです。」ときましたか・・・
ライブで記者会見を見てましたが、質問した新聞記者も低俗だな、
肝心な事は聞けないくせに、言質が取れたことで天狗になってそうで
所詮、この国のレベルってこんなもん?

盆明けに私の友人が「串かつ屋」をOPENさせました。
オーナーは古くからのBAND仲間で、店長は彼の奥さんです。
↓倉吉市上井の駅前交差点を合銀からトマオニ方面に向かう途中にあります。
f0011412_20544917.jpg

↓入口扉をあけると金ぴかのビリケンさんがお出迎えしてくれます。
f0011412_20551137.jpg

店内はおやじ世代には懐かしい看板、ポスターが所狭しとデイスプレィされています。
↓60’、70’にタイムトリップされますよ。
f0011412_20554997.jpg

↓大阪風串かつです。 もちろん、ソースの二度付け禁止です。
f0011412_20562512.jpg

↓ここの店の自慢は、大阪から取り寄せているキムチ類です。お試しあれ
f0011412_20564998.jpg

「串かつ専門店」は鳥取ではあまり見かけません。
昔、鳥取市のアーケード街の中に串かつ屋があって、若いころは良く通っていました。
(「平」っていう店だったかな?)
が、数年前に行ってみたら、店も変わっていて寂しかった思いがあります。

友人の店だから宣伝する訳ではないですが、「よいしょっ」の串かつは美味しいですよ。
それにキムチやチャンジャも絶品です。
リーズナブルな価格設定になっていますし、是非、行ってみて下さい。

ほんじゃ!
[PR]
by 790516 | 2008-09-02 21:00 | グルメ
先日、「カズピン」に頂いた手作りタバスコを紹介しました。

レシピを聞いたら、ハバネロと塩とビネガーのみで作ったそうで、とても簡単だそうです。
早速、我家でも作ってみることにしました。

まずは、原料のハバネロの入手です。
意外と身近に売っていました。
↓倉吉市の地産地消の店「フルテリア」で、こんなに沢山入っていて一袋100円でした。
f0011412_20404312.jpg

↓タバスコらしくするために赤色を選んで、原料の塩とワインビネガーも用意しました。
f0011412_20471888.jpg

フルテリアのハバネロは見た目は小さなパプリカみたいで、ホントに辛いのかな?と
↓試しに赤いやつを少しかじってみました。
f0011412_20473014.jpg

最初は先っぽを少しかじって見ましたが、辛目のしし唐位で、
たいしたこと無いなと思ってもう一口、今度は種までかじったら・・・
「うわー、&%'=>+`<$#"!・・・・・・・」
言葉にならない脳天まで痺れる凶暴な辛さでした。

このハバネロの種を一つ一つ抜く作業は完全武装が必要です。
↓完全武装の次男です。これと薄手のゴム手袋は必須です。
f0011412_20423411.jpg

↓種を取ったハバネロ130gに塩5gとワインビネガー60gをフードプロセッサに投入して、
f0011412_20425756.jpg

↓とても危険な液体ができました。
f0011412_20431519.jpg

フードプロセッサーの蓋を外すのはとても危険です。
強烈な催涙弾を食らったようで、思わず後ずさりしましたもの

↓これをろ紙で濾して瓶詰めしました。
f0011412_20433739.jpg

残った緑色のハバネロはオニオンとニンニクスライスと共に酢漬けにしましたし、
同じくニンニクと一緒に醤油漬けにしてみました。
↓右からタバスコ、醤油漬け、酢漬けのハバネロソース完成です。
f0011412_2044580.jpg

ハバネロソースは6週間くらい熟成させる必要があるそうですが、
どんな激辛ソースに仕上がるのでしょうね
とても楽しみですよ!

それと、ハバネロを取り扱う時は必ずゴム手袋着用することを実感しました。
最初は珍しくもあり、直接触ったり、かじったりしていて、
その後、ゴム手袋着用して下ごしらえしたのですが、
最初に触った時に僅かにハバネロエキスが手についていたようで、
しばらくしたら、ハバネロ触った指先とか、その指で触った顔とかが火が出るような
熱さが襲って来ましたよ。

ハバネロは非常に凶暴です。
取扱は十分注意が必要だと身にしみて分かりました。

ほんじゃ!
[PR]
by 790516 | 2008-08-31 21:02 | グルメ
台風5号が過ぎました。
山口県を通過して日本海に抜ける頃には、大分、衰弱していたのですが、
それでも、昨夜遅くから今朝方に掛けて、鳥取県でも時折強風が吹いて、
↓我家のリンゴを3個落として行きました・・・被害が少なくて良かった!
f0011412_19231084.jpg

先日、会社の行事で、大山「森の国 フィールドアスレチック」に行ってきました。
生憎の小雨と霧でしたが、我家は「ダッチオーブンでのパン作り」の体験コースを
申し込んでいましたので、小雨も霧も関係なく、楽しんできました。

↓提供された機材、ダッチオーブンとまな板、ボール
f0011412_19232210.jpg

↓材料一式(小麦粉、砂糖、塩、バター、卵、ドライイースト、ウインナ-)です。
f0011412_19233410.jpg

↓材料を一気に投入し、水を加えてとにかく掻き回してパン生地を作ります。
f0011412_19234721.jpg

↓一次発酵させている間に火を熾してダッチオーブンのプレヒートをします。
f0011412_1924082.jpg

↓ウインナ-パンやヘビパン、ウ〇コパン?を作って、
f0011412_1924295.jpg

↓ダッチ-オーブンに投入して、約15分焼きます。
f0011412_19244385.jpg

↓焼き上がりを待つ間に豪華な昼食BBQ!
f0011412_19245850.jpg

↓焼きあがったパンは、夕食になりました。美味しかったですよ!
f0011412_19251064.jpg

我家にもダッチオーブンはあります。
キャンプの時には、スペアリブを焼いたり、ご飯を炊いたりしますが、
パンを焼いたのは初めてです。
こんな簡単に、そして美味しいパンが焼けるなら、
今度のキャンプでも試してみよう!

ほんじゃ!
[PR]
by 790516 | 2007-08-03 19:26 | グルメ
先日、私のブログを見てくれている友人から言われました。
「最近、あんたのブログって、食べ物系ばかりね」と
そう言えば、何となく話題が偏ってきたなと感じていましたが、
確かに「食べ物系」で集約されてますね。

「打吹おやじ」は、旨いもの食べて、旨い酒を飲むことが一番の生甲斐ですから、
必然的に「食べ物系」中心の話題にシフトしたんですね。
そんなわけで、今回も食べ物系です。

今回は「白いタイヤキ」の紹介です。

普通のタイヤキって、ほんのり茶色い焦げ目がついていますよね
(ホットケーキ色とでも言うのでしょうか?)
でも、倉吉市にある“米澤たいやき店”のタイヤキは白いのですよ。
↓「米澤たいやき店」
f0011412_20231733.jpg

↓ここのタイヤキは、このようにお店の前で、1枚ずつ焼型で作られます。
f0011412_20211930.jpg

↓もちろん、尻尾までたっぷりとアンコが入っております。
f0011412_20221025.jpg

↓焼き上がりは、こんな感じです。
f0011412_20222525.jpg

美味しいですよ。
卵を使ってないのかな?皮はしつこくなく飽きのこないあっさり味です。

ただ、焼立てを数匹、包んでもらって持ち帰るときは用心が必要です。
新聞紙の中で、蒸れてしまって、隣どうしがくっついてしまいます。
ですので、焼きたてを貰って「アチチ」と言いながら、食べるのがお勧めです。

20年以上前になりますが、何もすることもなく、ブラブラ散歩していたときに
偶然見つけた店です。
それ以来、近くを通り掛ったときに、何となく寄っていましたよ。
味も店の雰囲気も全然変わりません。
この辺は時間の流れがゆったりなんだな~と実感できます。

場所は、倉吉市堺町です。バス通り(打吹通り)に近いです。
観光地で有名な「赤瓦」地区の東角あたりにありますので、
赤瓦散策のついでに足を伸ばされては如何です?

ほんじゃ
[PR]
by 790516 | 2006-09-15 20:31 | グルメ
こんにちは!
中国地方はやっと梅雨が明けました。
とたんに真夏日です。今年の夏は猛暑の予感がします。

夏は出かけるにしても、やっぱ、涼しいところに行きたいですよね?
涼しい場所って、皆さんはどこを想像します?
「打吹おやじ」は「ソーメン流し屋」(って言うんだっけ?)です。
おやじの生まれ育った鹿児島は、あちこちに「ソーメン流し屋」がありました。
渓流沿いの日陰にセットされた「ソーメン流し機」の付いたテーブルを取り囲んで、
カゴに盛られたソーメンを流して食べてましたよ。 
キリッと締まった濃い目のツユだったのを覚えてるな・・・

鳥取県中部界隈には「ソーメン流し屋」がなく、市販の「ソーメン流し器」を購入して、
もっぱら、家で楽しんでおりました。
↓「ソーメン太郎」です。我家の宝?です。
f0011412_21413723.jpg

でもね、冷ソーメンって渓流沿いの涼風の吹き抜ける場所で食べたいじゃないですか。
毎年、夏が来るたび「ソーメン流し屋」への思いを募らせていましたよ。

先日、新聞に夏季限定の「ソーメン流し屋」がオープンする広告が掲載されておりました。
場所は、岡山県真庭市の旧中和村の津黒高原スキー場の近くのようです。
早速、行ってきました。

鳥取県と岡山県の県境近くで、倉吉市からだと、車で1時間弱の距離です。
店名は「涼水亭」、涼しそうな名前じゃないですか、
山乗渓谷の畔で、近くには滝もあり、川面を渡る涼風の心地良い、
まさに日本の正しい「ソーメン流し屋」の佇まいでしたよ。

↓店から徒歩3分の「不動滝」、何でもNHK大河ドラマ「武蔵」のロケ地だったとか
f0011412_21421624.jpg

↓ソーメン4人前と、ついでにヤマメの塩焼きと山菜煮付を注文しました。
f0011412_21564190.jpg

↓ソーメンは、この雨樋?のようなところに上流から店員さんが流してくれます。
f0011412_21572057.jpg


鹿児島のソーメン流しが、陸上競技場のトラックをグルグル回る「長距離走型」だとすれば、涼水亭は、100m走のように直線的に流れる「短距離走型」でしたよ。

ワンウェイでソーメンが流れてきますので、当然、通り過ぎていくものもありますが、心配無用です。下流で回収され、客からは見えない地下通路を通って、上流に戻されます。
そして、再度、タイミングを計って店員さんが流してくれるシステムです。
こちらから催促しなくても、アイコンタクトで絶妙のタイミングで流してくれます。

いやー美味かったな
絶好のロケーションの中で食べる冷ソーメンは格別ですよ。

多分、ここでは、二級酒飲んでも“特別本醸造純米酒”を飲んでいるような気にさせると思いますよ。(例えが変ですね)
それに、安いですよ。 冷ソーメン1人前500円ですもん。
おまけに薬味は「生ワサビ」1本丸々だし、更に、お土産で1本頂きましたもの
(オープンデーだけ?)

暑い夏、遠くの避暑地より近くの津黒高原はどうでしょうか?
近くには、川遊びのできる公園やキャンプ場もあり、家族で遊ぶにはお勧めです。
↓親水公園で探検中の兄弟
f0011412_21485547.jpg

↓田んぼの横に、なぜかアヒル池? 1匹脱走しているのが判ります?
f0011412_21494646.jpg

ただ、渓流を見ているとデジ一眼が欲しくなったな~
絹のような水の流れを撮影するには、コンパクトデジカメ
(打吹おやじの愛機はCANON-S30)じゃ限界ありますもんね
↓S-30でシャッター速度1秒で撮影(腕の悪さも、もちろん否定しませんが・・)
f0011412_21502295.jpg

これから、花火の季節だし、ヤフオクでKISSデジでも探して見ようかな?

ほんじゃ!
[PR]
by 790516 | 2006-08-01 22:14 | グルメ

鳥取県中部からの情報発信 (極個人的な趣味から地域、観光名所の紹介など)


by 790516