打吹天女の里から  ~打吹おやじの戯言~

utubuki.exblog.jp
ブログトップ

合鴨と鯛の冷燻 

お正月のお酒の当てに合鴨と鯛を薫製しました。
今回は冷燻法です。
↓知人より頂いた大きな鯛を3枚に下ろして
f0011412_1343674.jpg

↓合鴨は中部畜産で買ったタイ産のもも肉です。
f0011412_1343980.jpg

↓フォークで穴を空けて、下味は藻塩、三温糖、スパイス類、ハーブ類を適当
f0011412_13431295.jpg

↓十分に摺り込んで、ジップ袋に入れて冷蔵庫で寝かせます。
f0011412_1343146.jpg

↓下味付けの終わった合鴨と鯛
f0011412_13425983.jpg

f0011412_13425529.jpg

↓1時間程度、流水で塩抜きして軒先で風燻を半日して準備完了
f0011412_13424889.jpg

f0011412_13425115.jpg

↓火を使わずに、サクラのブロックチップの煙のみで10時間煙を当てました。
f0011412_13432515.jpg

↓完成です。 いい色に仕上がりました。
f0011412_13424468.jpg

スモーカーの温度は15度以上をキープしましたけど、
やはり冷燻は煙の薫りが酸っぱいですね
1日寝かせて、明日の御節に入れようと思います。

薫製を初めて3年くらいになって、
温燻や熱燻は、なんとかコツが判ってきましたけど、
まだ、冷燻が上手く出来ないです。
下味付けも塩抜きもスモークするのも一番難しいでしけど、
いつかは鮭一匹でスモークサーモンを作りたい夢もありますので、
腕を磨きたいですね

皆さん、良いお年を!
[PR]
by 790516 | 2014-12-31 14:02 | グルメ

鳥取県中部からの情報発信 (極個人的な趣味から地域、観光名所の紹介など)


by 790516