「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

打吹天女の里から  ~打吹おやじの戯言~

utubuki.exblog.jp
ブログトップ

赤碕港のサバ

知人より、赤碕港の朝獲れサバを浜値でトロ箱一杯購入すると聞きまして、
2匹分けてもらう事にしました。
↓脂のたっぷり乗った丸々太ったサバでした。
f0011412_19222070.jpg

新鮮なサバを2枚におろして、軽く塩を当てた状態で卸しているようで、
そのまま刺身でも行けそうな上物でしたけど、
↓やはりシメサバが一番好きなので、中骨取って米酢に15分漬けました。
f0011412_195091.jpg

↓すし飯を腹に詰めて簀巻きで形を整えれば、
f0011412_1945739.jpg

↓こんなに美しいサバ寿司完成!
f0011412_1945457.jpg

やはり寒い時期のサバは絶品です。

ほんじゃ!
[PR]
# by 790516 | 2015-01-29 19:23 | グルメ

石釜でピザを焼く

昨日は倉吉で「森林を守ろう 山陰ネットワーク会議」
なるものが開催されました。

我々「薪割りクラブ」はスタッフとして協力しまして、
私は「調理係」を仰せつかりました。
自分から希望したんですけど、
難しい話を聞くよりも、料理作る方が楽しいですからね

で、メニューはいくつかありましたが、私は屋外でピザを焼く係
これも自分から希望したんですけど、

薪割りクラブメンバーさんの石釜を借りてきて準備します。
↓薪をガンガン焚いて、約2時間の予備加熱中です。
f0011412_11302553.jpg

石釜本体がほんのり暖かくなって、熾きが十分にできたらOKです。
↓約2分の焼き時間で、こんな感じにふっくらと焼き上がります。
f0011412_1130287.jpg


石釜は準備に2時間、焼き中も温度コントロールが大変ですけど
その分、焼きたては家庭用オーブンとは比べ物にならないくらい美味いです。

ほんじゃ!
[PR]
# by 790516 | 2015-01-25 11:44 | グルメ

イノシシ薫製 その2

昨年末に振り塩と赤ワインで仕込んで1週間寝かせたイノシシ肉
↓50度で約3時間スモークしました。
f0011412_1621259.jpg

振り塩で下ごしらえしたものの半分はハチミツ味噌味に仕上げます。
↓1週間寝かせたものを軽く塩を落として、
f0011412_16211296.jpg

↓ハチミツ味噌をたっぷり塗って更に1週間寝かせます。
f0011412_16212226.jpg

↓2週間の下味付けでしたので、塩抜きは約3時間、その後、一晩風乾して、
f0011412_16212847.jpg

↓スモーカーは50度を維持して3時間のスモーク、そして1時間の温燻
f0011412_16213137.jpg

↓いい色に仕上がりました。
f0011412_16213570.jpg

↓切り口も美しいピンク色、何より味噌の効果かな?柔らかく仕上がってます。
f0011412_16213810.jpg

ハチミツ味噌味のスモークは絶品ですね
今回、イノシシは「振り塩」「赤ワイン」そして「ハチミツ味噌」の3種類の味付けを試してみましたけど、塩味はベーコンで料理用、ワイン味はお酒の当てに合ってます。
で、ハチミツ味噌はオールマイティーな感じです。
酒の当てはもちろん、パスタやピザの具もいける感じです。
何より、家族に好評でしたので、しばらくは「ハチミツ味噌」を極めようかな?

ほんじゃ!
[PR]
# by 790516 | 2015-01-04 16:37 | グルメ
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
↓2015年正月は雪の朝でした。 小鴨川土手の足跡は蒜山へ続いていますね。
f0011412_1147254.jpg

大晦日は、恒例の手打ちそばで年を越しました。
茨城の知人より、毎年、常陸秋そばの新そば粉を頂いております。
Tさん 感謝!
↓今回は右の水府産のそば粉で打ってみます。
f0011412_11454211.jpg

↓香り高くて、いいそば粉です。
f0011412_11454853.jpg

↓少し固めに括ったのですけど、良く延びます
f0011412_11455273.jpg

↓包丁が一番気を使うな
f0011412_1145559.jpg

↓割といい感じに切りそろえる事ができました。
f0011412_1146049.jpg

↓熱いそばと冷たいそばの豪華年越しソバ、薬味は辛み大根と粘りっ子です。
f0011412_12371832.jpg

2014年も佳き年が超せました。
2015年も佳き年でありますように
[PR]
# by 790516 | 2015-01-01 12:40 | グルメ

合鴨と鯛の冷燻 

お正月のお酒の当てに合鴨と鯛を薫製しました。
今回は冷燻法です。
↓知人より頂いた大きな鯛を3枚に下ろして
f0011412_1343674.jpg

↓合鴨は中部畜産で買ったタイ産のもも肉です。
f0011412_1343980.jpg

↓フォークで穴を空けて、下味は藻塩、三温糖、スパイス類、ハーブ類を適当
f0011412_13431295.jpg

↓十分に摺り込んで、ジップ袋に入れて冷蔵庫で寝かせます。
f0011412_1343146.jpg

↓下味付けの終わった合鴨と鯛
f0011412_13425983.jpg

f0011412_13425529.jpg

↓1時間程度、流水で塩抜きして軒先で風燻を半日して準備完了
f0011412_13424889.jpg

f0011412_13425115.jpg

↓火を使わずに、サクラのブロックチップの煙のみで10時間煙を当てました。
f0011412_13432515.jpg

↓完成です。 いい色に仕上がりました。
f0011412_13424468.jpg

スモーカーの温度は15度以上をキープしましたけど、
やはり冷燻は煙の薫りが酸っぱいですね
1日寝かせて、明日の御節に入れようと思います。

薫製を初めて3年くらいになって、
温燻や熱燻は、なんとかコツが判ってきましたけど、
まだ、冷燻が上手く出来ないです。
下味付けも塩抜きもスモークするのも一番難しいでしけど、
いつかは鮭一匹でスモークサーモンを作りたい夢もありますので、
腕を磨きたいですね

皆さん、良いお年を!
[PR]
# by 790516 | 2014-12-31 14:02 | グルメ

鳥取県中部からの情報発信 (極個人的な趣味から地域、観光名所の紹介など)


by 790516